« MRI | トップページ | 芋虫 »

2010年11月16日 (火)

柿はたわわに

2010.11.14付 朝日歌壇より
日当たりて柿はたわわに風ありてトランペットの花はぶらぶら:(熊谷市)内野修
 馬場あき子評:童画性がいい。

Haikaguratrumpet
トランペットって、これのことですよね。
エンジェルズ・トランペット。
キダチチョウセンアサガオ(ブルグマンシア)ですか。背が高い。
背の低い方はチョウセンアサガオ(ダツラ・メテル)。
どちらも、有毒ですので、トランペットだ、と口にくわえてみたりはしないでくださいね。

柿が基本的にすべて渋い、ということはおそらく多くの方がご存知。
不用意にかじる大人は少ないと思いますが、子は知らないから、かじるかもなぁ。
柿の渋さはいい経験。あじわってみるといい。
干し柿にしたり、樽柿にしたり、渋を抜けば強烈に甘いのにね。

« MRI | トップページ | 芋虫 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿はたわわに:

« MRI | トップページ | 芋虫 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ