« 柿喰らふ | トップページ | ツバキの蕾 »

2010年11月 4日 (木)

あきつ

2010.11.1付 朝日俳壇より
洗ひ物あきつの空を借りて干す:(鹿角市)石川ゆみこ

秋の晴天、湿度も低く、洗濯物がどんどん乾く。気分いいですよね。
トンボがお似合いだ。

ふと思うのですが。
「あきつ」とくれば「あきつの空を」と自然につながりますね。
ここで、「とんぼ」としたらどうなりましょう?
「とんぼの空を」よりも「とんぼに空を」借りて、と続く方が流れがよくなる気がするんですね。
青空を群れ飛ぶとんぼに
「とんぼさ~ん、私にも空を貸してね、洗い物干すの」
という感じが強くなるような気がしました。
「いいわよ~、どうぞどうぞ」と洗濯ものにとんぼがとまってくれたりして。

佳い情景だなぁ。

« 柿喰らふ | トップページ | ツバキの蕾 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あきつ:

« 柿喰らふ | トップページ | ツバキの蕾 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ