« 京都の市電 | トップページ | 麦焦がし »

2010年11月30日 (火)

陸を見に来る

2010.11.29付 朝日歌壇より
かつて陸(くが)を捨てし鯨がさびしらに陸を見に来る黒潮の岬:(京都市)田畑益弘
 馬場あき子評:「陸を見に来る」が面白い。

そういう思い入れは面白いですね、初めてだ。
ただ、進化というものは、意図とか意志とかとは全く無縁に進むものなので、私自身はそういう感慨はもたないですね。
海という生態系的な空間が、哺乳類にとっては「開いて」いた。そこへ適応していっただけのことですから、「捨てた」わけではありません。
生物の持つ色々な可能性が、まだ住む者のない世界へと生存範囲を広げていく、進化とはそういうことです。

陸にしがみつく私たちを、あいつら陸をどうする気かね、と眺めに来たのかもしれませんよ。

« 京都の市電 | トップページ | 麦焦がし »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陸を見に来る:

« 京都の市電 | トップページ | 麦焦がし »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ