« 屋上の猫 | トップページ | ムササビ »

2010年11月24日 (水)

月曜の朝

2010.11.22付 朝日歌壇より
朝日歌壇掲載ページ破り持ちバスに飛び乗る月曜の朝:(横浜市)新井邦子

激しい生活をなさっていますね。
投稿なさっているのでしょう。
11月22は、気分がよろしかったことでしょう。うきうきですね。

私などは隠居ですから、ゆっくり味わいたい。
他の面の記事を大方読んでから、おもむろに歌壇・俳壇面へ行き、選者も評も作者名も無視して、まずは作品をゆっくり読んで、自分のうちに喚起されてくるイメージを楽しんだり、イメージがわかないと悩んだり、そもそも字が読めなかったり、いろいろあってから、作者名を読んで、あああの方か、とか、評を読んで、そうきたか、とか、選者を見て、そうかぁこの人は・・・とか、進んでいきます。
ゆっくり時間をかけて。
自分の気になった作品に印を付けておきます。
翌日、テキストエディタで入力します。
もう一度新聞紙面に戻って、ブログに書くことが自分に可能なのはどの作品かと読みなおし、マークします。
そんなこんなで、このブログの崩彦俳歌倉を書いています。
のんびりした人ですね。

« 屋上の猫 | トップページ | ムササビ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月曜の朝:

« 屋上の猫 | トップページ | ムササビ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ