« いのこづち | トップページ | 過積載 »

2010年11月 4日 (木)

あとは運

2010.11.1付 朝日俳壇より
蛇穴に死ぬも生きるもあとは運:(長岡市)内山秀隆
 金子兜太評:今の時、冬眠のあいだでも死ぬかもしれぬ。

冬眠中でなくても、夏のさなかにも、死ぬかもしれないし、「死ぬも生きるも常に運」だと私は思っています。
運・不運は、幸・不幸とは全く独立な別物。
幸いにして死んじゃう、とか、不幸なことに生き延びた、ってのもありでしょ。
冬眠中にそのまんま死ねるなんて「幸」だと思いますが。

人間に引きよせてもいいのかな、とも思います。
夏を越えるのは辛かった。
今年の冬はどんな冬か、ひっそり籠ってなんとか冬を越せたらよいのだが。
年齢を重ねると、夏といい、冬といい、一つ一つ、越していけるものやらどうやら、運よなぁ。
自分自身について、だんだん実感がわいてきましたよ。

« いのこづち | トップページ | 過積載 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あとは運:

« いのこづち | トップページ | 過積載 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ