« 他人との比較 | トップページ | 稲架 »

2010年11月 4日 (木)

栗虫

2010.11.1付 朝日歌壇より
もぞもぞと栗から出てきた栗虫はほやほや生まれたての顔する:(諏訪市)宮澤恵子

なんだかほんわり心温まる歌ですね。
嬉しくなって妻に読み聞かせてしまいました。
昔はゆで栗を剥いていると、よく煮えちゃった幼虫に出くわしたものです。
幼虫をとりのけて、残りはもちろん食べます。

穴のあいた栗は、茹でる前に、しばらく新聞紙の上にでも置いておくと、幼虫が出てきたりしますね。
そんなところを、こんにちは、とご覧になったようで。
生まれたての顔、というのがうれしい。幼いものはやはり、なんとなくあどけないものなのです。
良い歌に出会えて幸せです。

この虫は、クリシギゾウムシの幼虫だと思いますが。
幼虫の体は、すべて栗を栄養にして出来上がったものですから、栗が姿を変えただけのものなんだ、とわりきりましょう。

別件:梨をむいていると、虫が食い進んだ穴を見つけることもよくありました。
穴が進んで行った跡を、梨をスライスしながら追跡し(スライスはもちろん食べながら)、たいてい、カマドのあたりで発見するんですよね。よくやりましたっけ、子どもの頃。
虫はもちろん殺しましたが、虫がいる梨は、虫が食うくらいだからとってもおいしい梨なんだ、と喜んで食べたものです。今だと、どうなるのかなぁ。

« 他人との比較 | トップページ | 稲架 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗虫:

« 他人との比較 | トップページ | 稲架 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ