« てんとう虫 | トップページ | 蟻は »

2010年11月 9日 (火)

巣のみ残れり

2010.11.8付 朝日歌壇より
卵一つありしが親鳩飛び去りて小枝を積みし巣のみ残れり:(久喜市)布能寿子

抱卵の放棄ですね。よくあります。無精卵だったのでしょうか。
抱卵していてある程度時間がたったのに、きっと卵の内部の動きが感じとれなかったのでしょう。
あるいは有精卵でも、発達が途中でとまって死ぬ、ということもあります。
生命が誕生するということは、とても厳しいことなのです。
つらいけれど、自然とはそのようなものです。

« てんとう虫 | トップページ | 蟻は »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巣のみ残れり:

« てんとう虫 | トップページ | 蟻は »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ