« 陸を見に来る | トップページ | 輸入の祭 »

2010年11月30日 (火)

麦焦がし

2010.11.29付 朝日歌壇より
麦焦がし・饂飩粉・黄粉・蕎麦粉に取り紛 女の夜なべ石臼ごろごろ:(岐阜県)棚橋久子

出だし、「麦焦がし」に参ってしまいました。
懐かしいなぁ。子どものころおやつに食べましたっけね。

むぎ‐こがし【麦焦がし】大麦を炒りこがし、碾(ヒ)いて粉にしたもの。砂糖をまぜてそのまま食べたり、水や湯で練って食べたりする。また、菓子の材料ともする。麦炒粉(ムギイリコ)。はったい。香煎(コウセン)。炒粉。[広辞苑第五版]

練りましたよ。そう、確かに。
香ばしくておいしかったですよ~。
昔の子、の食べたものは、今の子、にはわからないだろうなぁ。

そうかぁ、私は食べる方でしたが、作るのは石臼でしたか。その方は知りませんでした。

ところで、作中「紛」という字があります。これは新聞紙面でもそうなっていますので、私が「粉」と間違えたわけではありません。為念。
「まぎれ」と読むのでしょうかね。

「取り粉」という米の粉もありますよね。なんだか、不安を感じているのですが。

« 陸を見に来る | トップページ | 輸入の祭 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麦焦がし:

« 陸を見に来る | トップページ | 輸入の祭 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ