« 幡ケ谷の | トップページ | 虫の声 »

2010年10月20日 (水)

君のやさしさ

2010.10.18付 朝日歌壇より
弱点と思える君のやさしさは君を愛するためのやさしさ:(ひたちなか市)猪狩亜紀子

少し混乱しています。
この場合の「ため(為)」は、「目的」ではないですよね。
最近の言葉としては、目的をさす「ため」が普通でしょうけれど、それでは意味がとれない気がする。

因果関係というのか。
愛するがゆえに、愛しているせいで、そのやさしさが感じとれるのだ、見えてくるのだ、と。

「君を愛すがためのやさしさ」と理解したいのですが。
考え過ぎですか?

« 幡ケ谷の | トップページ | 虫の声 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君のやさしさ:

« 幡ケ谷の | トップページ | 虫の声 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ