« 問わず語らず | トップページ | 苦しみのある世 »

2010年10月26日 (火)

手ぬぐひ

2010.10.25付 朝日歌壇より
手ぬぐひをはちまきにして君が呑む酒ふるさとに秋が来てゐる:(京都市)敷田八千代
 馬場あき子評:おいしい秋。手ぬぐい鉢巻の姿が愉快だが、君とはどんな人。

「どんな人?」
「さあね」

新酒ではないなぁ。灘の酒?
描かれるイメージは「いなせ」だしなぁ。

煙に巻かれる読者です。

« 問わず語らず | トップページ | 苦しみのある世 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手ぬぐひ:

« 問わず語らず | トップページ | 苦しみのある世 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ