« 星月夜 | トップページ | 威し銃 »

2010年10月 6日 (水)

螇蚸

2010.10.4付 朝日俳壇より
よこがほの風を見ている螇蚸(ばった)かな:(名古屋市)茶谷滋夫

読めました?「螇蚸」。
音読みでは「けいれき」ですか?
参ったな。
飛蝗は知ってましたけど。

俳句界の業界用語ですね。
言葉は通じることに意味があるので、特別な意味を運ばせているのでない限りポピュラーな言葉を使うべきだと私は思います。

この句を
よこがほの風を見ている飛蝗かな
よこがほの風を見ているばったかな
に変えても、風情に変わりはないと思うのですが。
「螇蚸」という字を使う強い必然性を感じとることができなくて申し訳ないことです。

秋の風を受けながら草の上で揺れているバッタ。
季語「飛蝗」に季節を感じるよりも、「風」のほうに季節を感じますね。。

漢字検定なんか通りそうにないなぁ、私。

« 星月夜 | トップページ | 威し銃 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 螇蚸:

« 星月夜 | トップページ | 威し銃 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ