« キンモクセイ | トップページ | ハナバチの仲間(ではないか) »

2010年10月 4日 (月)

イチモンジセセリ

0925_3itimonjiseseri1 9月25日
なんだかファンタジーの世界の住人になってきましたよ。
線路際の柵のところで、アサガオの葉や茎に虫でもいないかな、と眺めていたら、目の前にイチモンジセセリがパッと飛びこんで来て。
しおれた花にとまりました。
口吻を伸ばしていますので、それはおいしくないでしょ、と思わず声をかけてしまった。
そうしたら、すぐ右側の花に
0925_3itimonjiseseri2
えいやっと、頭から突っ込んで行きました。
君の口で届くの?と聞いたら、飛び去っていきました。きっと口吻を伸ばしたけど届かなかったんですよ。

わざわざ人の前にやってくるかよ、という気分。
虫が好く「かかし」になってしまったようですね。

2枚目の写真気に入っています。
鮮烈でしょ。蜜を吸うというより、光の井戸から光を吸いこんでいるようですね。
あるいは、そこから別の世界が見えるのかな、とかね。

« キンモクセイ | トップページ | ハナバチの仲間(ではないか) »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチモンジセセリ:

« キンモクセイ | トップページ | ハナバチの仲間(ではないか) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ