« 曼珠沙華 | トップページ | 稲妻 »

2010年10月 6日 (水)

間引菜

2010.10.4付 朝日俳壇より
間引菜といふ一計を以つて蒔く:(桐生市)杉戸乃ぼる
 稲畑汀子評:この一計はすき間なく蒔いたあと、育った菜を間引いて使う心積もりなのである。先を読んでしっかり種を蒔いておく、配慮が生活の中にいきづいている佳句。

「先を読んでしっかり種を蒔いておく、配慮が生活の中にいきづいている」
そういえばそうなんですけれど。
でも、そういうふうに、綿密に先読みした配慮、とは私は受け取りませんでした。
「一計」を案じてなんて大げさな言葉で軽く遊んでいる。

これ、「遊び心」でしょ。
間引きついでにちょいと食べちゃえ、という、ちょっと得したぞ、みたいな。
そのほうが「俳味」があると思いましたが。

かかし評:「遊び心が生活の中にちょこっとゆるさをもたらす。生活を楽しむ達人である。」

« 曼珠沙華 | トップページ | 稲妻 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間引菜:

« 曼珠沙華 | トップページ | 稲妻 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ