« 蚊の耳打ち | トップページ | 石叩 »

2010年10月27日 (水)

金木犀

2010.10.25付 朝日俳壇より
街中が金木犀にうなさるる:(柏市)宮本次雄

うなさ・れる【魘される】
 自下一  うなさ・る(下二)
恐ろしい夢などを見て思わず苦しそうな声を立てる。「悪夢に―・れる」[広辞苑第五版]

遠くから、かすかに香るのがよいですね。
濃い香りは、きつい化粧品のようで、参ります。
なにごとも、ほどほどに。

{ジンチョウゲの香りはかなり濃くても、そう辛くはないですね。}

« 蚊の耳打ち | トップページ | 石叩 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金木犀:

« 蚊の耳打ち | トップページ | 石叩 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ