« 後の月 | トップページ | 水を蹴り »

2010年10月27日 (水)

菜虫

2010.10.25付 朝日俳壇より
葉の色に菜虫太ってをりにけり:(岡山市)名木田純子

虫の句にはどうしても引き寄せられます。
菜虫といえば、アブラナ科の葉を食う、モンシロチョウなどの青虫のことでしょうね。

この季節、チョウやガは冬越しの蛹になるべく、成長しています。
虫好きだと、どうしても、何の幼虫かを言いたくなる。そうすると俳句の「枠」にはおさまらないんだよなぁ。
エビガラスズメの幼虫が・・・
アオスジアゲハの幼虫が・・・
ツマグロヒョウモンの幼虫が・・・
みんな我が家にいる幼虫たちですが、それぞれに、記述の文章しか書けない私なのでした。
みんな個性的なんだもん。

« 後の月 | トップページ | 水を蹴り »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜虫:

« 後の月 | トップページ | 水を蹴り »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ