« 血管 | トップページ | 君との秋 »

2010年10月 5日 (火)

何某の妻

2010.10.4付 朝日歌壇より
秋の日の空を見ている何某の妻だったとは五年前まで:(ドイツ)西田リーバウ望東子
{永田和宏、馬場あき子 選}
馬場あき子評:夫を亡くして五年目の哀しみをさりげなく秋天の青に寄せる。

誰誰の妻、誰誰夫人という呼び方は女性に対するある種の差別でもあるわけですが、一方で、配偶者との関係性の表現でもあるわけですね。
今は、その関係性が消えている。そういう実感に襲われたのですね。
突然、さびしかった。
秋の空はさびしい。
なんだか突き抜けてしまう。

« 血管 | トップページ | 君との秋 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何某の妻:

« 血管 | トップページ | 君との秋 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ