« 素直なもの | トップページ | 亀の赤ちゃん »

2010年10月13日 (水)

蟷螂

2010.10.11付 朝日歌壇より
切り出せる石重なりて静かなり蟷螂じっと頂きに立つ:(気仙沼市)畠山登美子

カマキリが詠みこまれるとまたまた嬉しくなってしまう私です。
カマキリに限りませんが、昆虫にとっての時間の経過というものは、人間の感覚を絶するものです。同じ場所に、何時間でも同じ姿勢でいる。餌が来た瞬間に全力が発揮される。
すごいですよ。
また、1日3食というような、絶え間なくエネルギーを浪費し続けるタイプの動物=哺乳類という点から見ても、昆虫の生き方は凄い。
1週間でも2週間でも、餌がなければ動かずに耐えている。そして、採餌の瞬間に全力が出る。
哺乳類はアイドリングストップの効かない生き方を選択しました。その故に繁栄もしました。でも、その生き方が、今、裏目に出ているのかもしれません。

« 素直なもの | トップページ | 亀の赤ちゃん »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蟷螂:

« 素直なもの | トップページ | 亀の赤ちゃん »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ