« 動かざること | トップページ | 君のやさしさ »

2010年10月20日 (水)

幡ケ谷の

2010.10.18付 朝日歌壇より
幡ケ谷の青信号を自転車がとんぼが風がわたしが渡る:(調布市)水上香葉
 永田和宏評:初句の固有名詞がいい。以下、青信号を渡る四つの具体が初秋の爽やかさを生き生きと伝える。
 高野公彦氏も選んでおられます。

京王線の幡ヶ谷のあたりでしょうか。
大学時代、この辺りは行動圏内でしたから、懐かしい。
今も、トンボが渡りますか。
大都会ですのにね。
結構たくさん公園があるから、トンボの生息できる所もあるんだろうなぁ。

いかにも秋ですね。
すずやかだ。

« 動かざること | トップページ | 君のやさしさ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幡ケ谷の:

« 動かざること | トップページ | 君のやさしさ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ