« 中学校 | トップページ | 問わず語らず »

2010年10月26日 (火)

遮断機

2010.10.25付 朝日歌壇より
遮断機の左右のバーの下りてきて震へをりしが遂に合はざる:(水戸市)檜山佳与子
 永田和宏評:細部の観察が逆に大きな景を立ち上げる好例。

なるほどねぇ。あのバーの先端が合って止まるのかどうか、見てらっしゃったんですねぇ。
私の知っている範囲では、ほとんどがバーは合わないようですが。
面白い視点を発見なさいました。

余計な知識:バーの反対側の端をご覧になったことがおありですか?
バーの重さに見合う分の、カウンターバランス(錘)がついているんですよ。
ですから、遮断機は、重心の近くを支えているので、回転だけを行えばいいようになっているんですね。

電動車いすで出歩くようになって、踏切が「斜め」というのが気になりますね。
レールに直角に渡りたいですね。
乳母車や普通の車いすもそうだと思うんです。
電鉄会社は、道路が斜めに交差していても、自社の土地を活用して、直角に渡れるスペースを作ってほしいですね。
ずいぶん安全になると思いますし、渡る方の不安も解消すると思うのですが。

« 中学校 | トップページ | 問わず語らず »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遮断機:

« 中学校 | トップページ | 問わず語らず »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ