« 敬老日 | トップページ | 星月夜 »

2010年10月 6日 (水)

いぼむしり

2010.10.4付 朝日俳壇より
目の玉の中に顔ありいぼむしり:(枚方市)山岡冬岳
 長谷川櫂評:目の玉の中に顔がある。カマキリといえど、そんな顔はしていないのだが、そういえばそんな顔である、言葉の幻術。

いや、全然知りませんでしたね、カマキリのことを「いぼむしり」とは。

いぼ‐むしり【疣毟り】
(この虫でいぼを撫でれば、なくなるとの俗説から) カマキリの異称。いぼうじり。
いぼ‐め【疣目】[広辞苑第五版]

「蟷螂」が秋の季語ですから、一応「いぼむしり」も秋の季語ということになるんでしょう。
不自由ですね。
5月頃、生まれたてのカマキリの可愛さは詠めませんか。
夏の食欲旺盛で圧倒的な力を誇示するカマキリは詠めませんか。
産卵を済ませ、乏しい餌の虫を衰えた力で狩る、冬に入ろうというカマキリは詠めませんか。
「季違(たが)い」ですか。

カマキリの顔は複眼が大きい。「幻術」ということでもないですよ。「いぼむしり」がカマキリであることが分かってしまえば、そう難解な句ではない。
あの、ギョロっとした目と目が合ってしまった。何か用か?とでも言いたげなあの目つき。いえいえ、失礼しました、と言いたくなります。
カマキリの目は激しい。

ところで、人間界では3Dとかいって、両眼視差を利用した立体視がはやろうとしてますね。
実はカマキリは、あの二つの大きな複眼で「立体視」をしているのです。両眼視差を利用してね。
エサまでの距離を正確に測って、カマの到達距離内に入ったかどうか視覚で判断しているのです。
ときどき、カマキリがエサの昆虫のほうを見ながら、体を左右に振っていることがありますね。あれは、両眼立体視だけでは距離が巧く測れない時に、目の位置を左右にずらして、視差を作って距離を測っているのです。
カマキリの目の前にプリズムをうまく置いて、両眼視差を狂わせるんですね。そうすると、そのずれてしまった位置に向かってカマを伸ばすんですよ。
カマキリ用のプリズム眼鏡なんか作った研究者もいるんですねぇ。すごいですね。何の役に立つかと聞かれても、まあ、何の役にも立たないけれど、人間の好奇心の奥深さの方にも興奮しますね。カマキリの視界にもわくわくしますけれど。

{カマキリさん用の3Dテレビでも作りますかね。実用的だなぁ。役に立つ。}

« 敬老日 | トップページ | 星月夜 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いぼむしり:

« 敬老日 | トップページ | 星月夜 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ