« 亡き妻 | トップページ | 月見 »

2010年10月 5日 (火)

残暑

2010.10.4付 朝日歌壇より
突っぱって残暑あるいてゆく影は痩せてとがったわが肩である:(八王子市)相原法則
 馬場あき子評:残暑厳しい白昼をゆく感銘。こんな時、突っぱるのは禁物だが痩せてとがった「われ」を発見したのがいい。

どうして「突っぱるのは禁物」なのでしょうか?
ここでいう残暑とは、8月の立秋過ぎてのあの猛暑日の連続のことでしょう。
突っ張って、気張っていかなければ、命にかかわるという暑さでした。
そよ風を肌に感じる残暑なら、突っ張らずに、優しい気持ちで、ともなるでしょうが、違うと思うなぁ。
死ぬまいぞ、と肩怒らせて歩きつつ、影を見れば、瘦せてとがった肩よなぁ。
分厚い胸の時代はもうここにはない。
年を重ねた身には酷な残暑であった、と。

« 亡き妻 | トップページ | 月見 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残暑:

« 亡き妻 | トップページ | 月見 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ