« 水を蹴り | トップページ | 蚊の耳打ち »

2010年10月27日 (水)

糸とんぼ

2010.10.25付 朝日俳壇より
風よりも風のごとくに糸とんぼ:(川西市)上村敏夫

そうですね、イトトンボの飛び方って独特ですね。
空中停止の飛び方でもなく、直線的な飛び方でもなく。
ふわっと風に流されるようでいて、でも、ちゃんと飛びたいように飛んでいます。
チョウのようなひらひらでもなく、アブやハチのようなブンブンでもない。
ふわりふわり。

風よりも風のごとくに、とは妙(たえ)なる表現を得ましたね。

« 水を蹴り | トップページ | 蚊の耳打ち »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 糸とんぼ:

« 水を蹴り | トップページ | 蚊の耳打ち »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ