« 歳月 | トップページ | 尻とり »

2010年10月13日 (水)

てろり

2010.10.11付 朝日歌壇より
スプーンをてろりとなめて思ひ出す爬虫類なりし前世の記憶:(東京都)岩崎佑太
 高野公彦評:「てろり」が可愛くて不気味。

おもしろい擬態語を発明されました。
すっごくよくわかります。ぺろりではなく、てろり。
舌の動きが見えるよう。舐められたスプーンにはきれいに何も残らず舐めとられている。

ところで、私自身は「前世」というものをまるっきり信じてもいないしなぁ。困ったぞ。
爬虫類が哺乳類の祖先だったわけでもない。同じ根っこから、一方は爬虫類へ、一方は哺乳類へと分岐して進化してきたのだし。
理に落ちる人間が詩を書きにくいということがお分かり頂けると思います。
正確に記述したくなってしまうんですよね。
困った。

« 歳月 | トップページ | 尻とり »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てろり:

« 歳月 | トップページ | 尻とり »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ