« 尊厳死 | トップページ | 子の襁褓 »

2010年10月20日 (水)

蒲田から

2010.10.18付 朝日歌壇より
蒲田から蓮沼、千鳥と駅ありていにしえはあたり水ひかりけん:(東京都)倉地克次

これは、東急池上線の駅名です。
55年くらい前、千鳥町の駅の近くに間借りして住んでいました。
千鳥町の駅は低い所にあります。
駅を出てちょっと歩くと久が原の台地に登ります。
池上線の駅も千鳥町の次は久が原。
多摩川が削り残した台地なんですね。

一方、蒲田から出る電車はもう一つ、多摩川線もあります。
こちらは、蒲田、矢口の渡し、武蔵新田・・・沼部、多摩川。という駅名。
多摩川の渡し場や、開拓された田、沼部ときたら多摩川の氾濫原だったことが一目瞭然ですね。

私の家の最寄り駅は沼部。もし、多摩川が台風か何かで氾濫したら、もう確実に浸水するという台地の下です。有名になった桜坂を登ると、台地の上に出ます。そこは久が原と同じ台地面。

昔、人間が多摩川を管理していなかった時代に多摩川が暴れ回った河川敷といってもいいです。
確かに「水が光って」いたでしょうね。

« 尊厳死 | トップページ | 子の襁褓 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒲田から:

« 尊厳死 | トップページ | 子の襁褓 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ