« 夏痩 | トップページ | 啄木鳥 »

2010年10月13日 (水)

賑やか

2010.10.11付 朝日俳壇より
賑やかが静けさであり虫月夜:(旭川市)大塚信太
 稲畑汀子評:虫の音が高く賑わうのは辺りが静かだからと思う。

無音のことを静かという、のではないと思うんですよ。
辺りが無音であるから、虫の声が高く賑わうというのは、ちょっと皮相的。

音の存在そのものを「静か」といっているのでしょう。無音よりもむしろ、静かである。
「静か」というのは音の有無のことだけを言っているのではありますまい。
夏の熱気が去り、秋の風が吹き、日中の残暑の気配を地面近くに残しつつ、夏の草いきれとは違う、滅びへ向かう枯れ草の香りがまじる。
月の光も水蒸気のこもった光ではなく、透明感が溢れている。

そういう全体を「静か」というのでしょう。
そういう中で、虫たちが鳴けば鳴くほどに、静かさが増すのです。

{しずけさや岩にしみいる蝉の声
というのもありましたっけ。}

« 夏痩 | トップページ | 啄木鳥 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賑やか:

« 夏痩 | トップページ | 啄木鳥 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ