« 秋桜の風 | トップページ | 中学校 »

2010年10月26日 (火)

せめぎ合い

2010.10.25付 朝日歌壇より
秋深し京都名所のせめぎ合い関西(なんじゃく)言葉関東(こうげき)言葉:(高槻市)奥本健一
 高野公彦評:振り仮名が面白い。

東男の私にはよくわからない語感です。
私は京言葉の柔らかさが「怖い」。言葉の底が見えない不安感にとらわれます。
大阪の方だろうという男性二人が、本屋で立ち話をしていました。その「攻撃性」にたじろいだことがあります。
古くからの都の言葉は正直なところ「裏」があって、田舎者の東京人には読み切れない。

私にとっては秋田の方の話す言葉には「裏」がない。まっすぐなので、好きです。

関西言葉が「なんじゃく」とはとても思えない私です。

« 秋桜の風 | トップページ | 中学校 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せめぎ合い:

« 秋桜の風 | トップページ | 中学校 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ