« 手ぬぐひ | トップページ | 黄昏の頭髪 »

2010年10月26日 (火)

苦しみのある世

2010.10.25付 朝日歌壇より
苦しみのある世におりて苦しみのなき世にゆきし人をあわれむ:(三原市)岡田独甫

苦しみのない世の人が苦しみのある世の人をあわれむ、のではなく、逆だ、というところに可笑し味があるのだと思います。

ちょっと、読み方を変えてみたいのですが。
苦しみを味わえるのも生きているからこそなんだよ、死んじゃったら苦しみすら味わえなくなっちゃうんだよ、と。
どうだ、こっちは苦しみを味わえるんだぞ、そっちへ行っちゃったら苦しみさえ味わえないだろう、と「あわれむ」。
というのはいかがですか?

生きていればこその人生です。

簡単に死ぬなよ。

« 手ぬぐひ | トップページ | 黄昏の頭髪 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苦しみのある世:

« 手ぬぐひ | トップページ | 黄昏の頭髪 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ