« 尻とり | トップページ | 夏痩 »

2010年10月13日 (水)

里山

2010.10.11付 朝日歌壇より
敬老の日、孫の祝いの鈴をふり難易度低き里山のぼる:(半田市)依田良雄

いいですね。名山とかいわず、近くの丘でもいい、ゆっくりゆっくり、背中に暖かい日射しを受けながら、無理をせずに歩いて下さい。
歩くことは体も心も開いてくれます。

といっておいて、自分に引き当てると困ったな。
左右アンバランスな体で、歩くこと自体が体の衰えを加速したようなぐあいですからして、これからどうしようかなぁ。
坂なんか登りたくもないし、坂を下るなんてやだよ。
歩けないから泳いでいるわけですが、これとてそう長くは続かないでしょうし。
しょうがないですね、ひきこもり案山子になるのでしょう。

« 尻とり | トップページ | 夏痩 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里山:

« 尻とり | トップページ | 夏痩 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ