« キタヒメヒラタアブ | トップページ | ブチヒゲカメムシ »

2010年10月21日 (木)

ツバメシジミ:訂正 ウラナミシジミ です(2010.10.22記)

1011_3tubamesijimi1 訂正:ウラナミシジミです。2010.10.22記
10月11日
ルコウソウの花の終わったところにツバメシジミウラナミシジミがとまっていました。
1011_3tubamesijimi2
いろいろ向きを変えたり腹を動かしたりしていました。
気になったので、飛び去った後を確認してみたら
1011_3tubamesijimi3
白い丸いものがついています。これ、ツバメシジミウラナミシジミの卵でしょうか?
球形ではなく、少しつぶれた形です。
いや、ツバメシジミウラナミシジミの卵ではないかもしれません。
というのは、ツバメシジミウラナミシジミの幼虫はマメ科の植物が食草なのだそうです。
今、家の周辺にマメ科の植物はないと思うんですよね。
エニシダが茂っているくらいかなぁ。
写真は、ヒルガオ科のルコウソウですからね。
たまたま、別の昆虫が産卵したところにとまっていたツバメシジミウラナミシジミを、私が見かけて、誤解しているのかもしれないのです。
室内には取り込みませんでした。とても飼育できるものではなさそうな感じですので。
自然に任せることにしましょう。

ところで、卵を接写して、後でパソコンで見ていたら
1011_3tubamesijimi4
すごいですね。1mmもない卵の表面に凹凸の模様があるようなんですね。
私の肉眼では全く見えませんでした。マクロレンズのおかげです。
1011_3tubamesijimi5
光線の関係でこんなふうに写ったものもありました。
細かい模様ですねぇ。
さて、ここから孵化するのは何の幼虫なのか、追求しませんでしたが、無事に育ってほしいですね。

訂正:2010.10.22記
10/15付の記事も訂正してきました。お恥ずかしいことでした。尾状突起だけしか見ていなかったことが暴露されました。

« キタヒメヒラタアブ | トップページ | ブチヒゲカメムシ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« キタヒメヒラタアブ | トップページ | ブチヒゲカメムシ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ