« 間引菜 | トップページ | 虫時雨 »

2010年10月 6日 (水)

稲妻

2010.10.4付 朝日俳壇より
稲妻の秒を数える理科教師:(東京都)三木裕
 金子兜太評:理科教師だから、という感じで、さすが、といった驚きではない。そのあたりの落ち着いた味わい。

「さすがぁ理科教師」なんじゃないですか。いちいち雷の距離なんて考えるのかね、とあきれられたり。「落ち着いた味わい」というのが腑に落ちていません。

◆ところで、音速は1秒間に約340m。
300mあるいは0.3kmでもいいですよ。どうせ時間測定のほうが「勘」なんだから。
で、ピカっと光った瞬間にゼロとつぶやき、そこから、「いち、に、さん、・・・」とカウントします。
で、ゴロゴロとくるまで何秒かかったかを測る。T秒。
で、0.3×Tkmのあたりで雷が光ったわけですね。
近づいてくるのか、遠ざかっていくのか、いまどの辺りでピカピカやってるのか、そんなことが推測できます。

小学生の頃にこの原理を知って、以来、雷雨になれば必ず反射的にカウントとってますね。
理科少年時代からなんですね。

「稲妻が見え、雷鳴が聞こえるうちは生きているんだから安心して自然のショーを楽しめばいい」という話をどこかで読んで、もう、頭っから納得してしまって、以来、雷さんを楽しんでいます。

« 間引菜 | トップページ | 虫時雨 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲妻:

« 間引菜 | トップページ | 虫時雨 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ