« 老眼 | トップページ | 尻尾 »

2010年9月28日 (火)

蝦夷山椒魚

2010.9.27付 朝日歌壇より
校庭の池より二百匹の蝦夷山椒魚巣立ちていまは金魚が泳ぐ:(稚内市)藤林正則

うらやましいなぁ。エゾサンショウウオですか。200匹も。
私はサンショウウオは飼ったことがない。勤務校でアホロートルを飼ったことはありますが。
動物の飼育は子どもたちにとってかけがえのない経験になります。
ぜひ継続的に飼育して、毎年の記録を次の学年へとつないでいってください。
最高の理科教育になります。

◆最近仕入れた逸話を一つ。
松井正文 著「カエル――水辺の隣人」中公新書 1645

 ところで、両生類は爬虫類とともに、爬虫類両生類学という学問分野で研究されるのがふつうである。これら二つの動物群は、ともに下等脊椎動物、あるいは外(変)温性の四足動物として、古来、便宜的に一括して扱われてきた。
 (中略)
 蛇足ながら、ゴチャ混ぜ学――爬虫類両生類学の発端は、かの有名な分類学者リンネにあるように思う。彼は爬虫類や両生類が大嫌いで、よく見もせず嫌なものを一緒くたにした節があるのだ。

誰にでも苦手ってあるものなんですねぇ。

« 老眼 | トップページ | 尻尾 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝦夷山椒魚:

« 老眼 | トップページ | 尻尾 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ