« 沙悟浄 | トップページ | 採点 »

2010年9月21日 (火)

陣痛

2010.9.20付 朝日歌壇より
陣痛のあいまに見やる夏花火もうすぐ会えるおまえに会える:(神戸市)小島梢
{佐佐木幸綱、永田和宏 選}
胸の上の生まれたばかりの息子抱く命の重み3224:(神戸市)小島梢
 高野公彦 評:出産直後の若き母親の喜びが、胸の上、3224(グラム)という言葉にこもっている。

よかった、よかった。ほっとしました。
超音波検査で男子ということは分かっていた、それが「おまえ」という言葉になり、生まれて実際に胸に抱いて「息子」になった。
陣痛のあいま、花火大会、あれが終わるころにはきっと出産している、きっと、と波状にくる陣痛を受け止めている。
そして、産声をあげた息子。お腹の中にいた時の重さとは全く違うズシリと来る3224gの体重。愛しいものを腕に抱き、胸に抱くということの切なさ、嬉しさ。
まるっきり頼りないんですけれどねぇ。すべてを親に任せ切っているんですけれどねぇ。でも、自力で生きているんです。命ってすごいですよね。

胎児から出産、新生児へ。宝石のような時の経過を味わわせていただいて、嬉しく思いました。
元気に成長しますよ。いい子になる。

« 沙悟浄 | トップページ | 採点 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陣痛:

« 沙悟浄 | トップページ | 採点 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ