« 虫 | トップページ | 強か »

2010年9月29日 (水)

帰燕

2010.9.27付 朝日俳壇より
あの子らも翔ちて帰燕となりしかな:(箕面市)菖蒲哲郎

「翔つ」というのは「たつ」でいいんですよね。「発つ」というような意味での造語でしょうか。
南へ飛翔して旅立っていく、ということで、「翔」を宛てた。

作者の家でかごく近所で、ツバメが子育てをした。成長する様子を楽しみに見守っていらっしゃったのでしょう。巣立ちして巣は空になった。
南へ渡るツバメたちをみると、あの中に「あの子」もいるのかなぁ、とひどく親しみがわく。
よくわかります。
私の場合はチョウの飼育。育てて羽化して放してやる。
チョウを見かけると、我が家から旅立ったやつかなぁ、などと見る目が違ってしまうんですね。

作者の目の温かさが句から伝わってきます。
また来年もおいでね。

« 虫 | トップページ | 強か »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰燕:

« 虫 | トップページ | 強か »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ