« 子猫 | トップページ | 猛暑日 »

2010年9月13日 (月)

天眼鏡

2010.9.12付 朝日歌壇より
新しく一万円の天眼鏡即決で買ふ母が嬉しき:(水戸市)檜山佳与子

気力あり。
新聞を本を、読む。もっと使いやすいのがいい、と大きな天眼鏡を多少の出費ではあっても、買おう、という気力があるうちはいい。
弱ってくると、新聞読むのもしんどいわ、今ある天眼鏡何とか使うよ、一万円出すほどのことじゃない、と、ネガティブな方へと気持ちが向かうものです。
お元気でなによりです。

ところで、天眼鏡って若い人に通じる言葉なんでしょうか?私の世代は分かるけど。
「点眼」用の「鏡」かな、なんて思ってないだろうなぁ。
老眼でも不自由なく眼薬がさせる、凹面鏡かな?とかね。

てんかふん(天花粉・天瓜粉)はきっと死語じゃないかな。
てんがんきょう とどうちがうんだろう?
アハ。

« 子猫 | トップページ | 猛暑日 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天眼鏡:

« 子猫 | トップページ | 猛暑日 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ