« 句点 | トップページ | 仰向けに »

2010年9月28日 (火)

黒羽蜻蛉

2010.9.27付 朝日歌壇より
顎までを沈めて露天の湯に浸る鼻面をゆく黒羽蜻蛉:(鹿嶋市)和田山可扇

困ったな、正式にはハグロトンボです。
トンボ目>イトトンボ亜目>カワトンボ科>カワトンボ亜科>アオハダトンボ属>ハグロトンボ
です。
「黒羽トンボ」で検索すると、ネット上ではこの名前でも通用しているようですから、ま、いいですけど。
広辞苑では

はぐろ‐とんぼ【翅黒蜻蛉】
(翅が黒いのでいう) カワトンボ科のトンボ。腹部は細く雄は金緑色、雌は黒色。翅は静止の際に直立させる。小川のそばなどに多い。オハグロトンボ。カネツケトンボ。クロヤンマ。

「羽黒」から「お歯黒」、そして「お歯黒の液」のことを「鉄漿(かね)」ともいいますので、そのあたりの名前がついているようですね。

露天風呂につかって目の前をハグロトンボがとぶなんて、なんと贅沢な瞬間でしょう。うらやましいなぁ。

« 句点 | トップページ | 仰向けに »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒羽蜻蛉:

« 句点 | トップページ | 仰向けに »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ