« 体温 | トップページ | 鹿肉 »

2010年9月14日 (火)

おにあざみ

2010.9.12付 朝日歌壇より
おにあざみ、はりせんぼんと呼ばれつつああ三十年あなたと暮らす:(新潟市)太田千鶴子
 高野公彦 評:ユーモラスな歌。ユーモアは人の心を和らげ、楽しくしてくれる。

確かに、ユーモラスです。でも、「人の心を和らげ、楽しくしてくれる」だけですか?
これ、夫への最高の賛辞なんじゃないですか?
そして、その妻たる自分も、少しくらい「大変だったのよ」と言ったってバチはあたらないでしょう、と笑っている。すごい妻もらってよかったでしょう、と笑っている。
夫婦愛というものです。

◆「昆虫からの贈りもの」宇尾淳子 著、蒼樹書房、1995年刊
 こういう本がありましてね、女性の昆虫学者なんですが、「ゴキブリの女王」という尊称を奉られた、と自分でも笑っておられるスゴイ方。「天才的脳外科医・ゴキブリの」というのもあるそうで。
 御夫君は物理学者でいらっしゃいました。
この著書のあとがきでこんなことを書いておられます。

 ・・・
 かつて重篤の結核から奇蹟的によみがえった夫にとって、その後の人生は”もうけもの”の感が深かったらしい。・・・彼は建前抜きの本音だけを、内でも外でも押し通した信念の男であった。あれほどナンギで、かつ魅力的な人物は他にはいないであろう。
 ・・・

ぞくぞくしますね。「あれほどナンギで、かつ魅力的な人物は他にはいないであろう」これは考えられる限り最高の賛辞ですね。
私ゃ、半端にナンギな男だからなぁ。うらやましいや。

またこんなことも書いておられます。

 ・・・
 人の一生に”対照区”はない。与えられた条件下で自分なりに力一杯生きた私は”幸せ者”と言えるだろう。
 ・・・

「対照区」というのは「コントロール」ともいって、ある条件を課した実験をする時に、その条件を課していない群をつくり、それとの対照で、その条件の効果を調べるという概念です。
薬が効くかどうか、というのも、必ず対照区がなければ認められません。対照区のない実験は、評価にも値しません。
つまり、「もし」その条件がなかったら、ということを知るのに必要なのです。
「人生に対照区はない」というのは、「人生には『もし』はない」ということです。
もしあの時これこれだったら、今の自分は違っていた、というようなことは単なる逃避でしかありません。これ、今、はやってると思いませんか?
もし「本当の自分」が現れたら、こんなものじゃない、とかね。
今この自分しか、本当の自分はないのにね。

私は中学生のころかなぁ、周囲からもしポリオにかかってなかったら、というような声をたくさん聞いて、反発し、僕は自分自身に対して「もし」は使わない、ポリオにかかったこの自分が自分だ、と、何かに書いたことがあったなぁ。

宇尾さんは、「もし」を一切言わず、力一杯生きた、「幸せだった」と言い切っておられます。
昆虫学者らしい「人生に対照区なし」という表現は、私の座右銘です。

最後にもう一つ。
岩波新書に「腸は考える」という名著があるんですが、その著者と共同研究をして、ヒドラもゴキブリもヒトも同じ仕組みを持っている、というすごい結論に達しましてね。
「昆虫の贈りもの」という本の表紙の絵は、ゴキブリとヒトが握手している絵なんです。
そして
 「昆虫もヒトも生物学的大綱においては同じ
という考えを述べておられます。

感動的ですね。ヒトとゴキブリは同じなんですよ。それは真実なんです。

« 体温 | トップページ | 鹿肉 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おにあざみ:

« 体温 | トップページ | 鹿肉 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ