« 入場券 | トップページ | 轣轆 »

2010年9月13日 (月)

被曝マリア

2010.9.12付 朝日歌壇より
洞(うろ)の眼の被爆マリアのデスマスク六五年が巡る長崎:(東京都)長谷川瞳
 永田和宏 評:永遠に洞を抱えた浦上天主堂のマリアにまた夏が巡る。

ニューヨークの国連へ行き、バチカンへも行った。
ただ、天主堂に座していたわけではない、という点にも思いを致すべきでしょう。
あのマリアに旅をさせようという決意の重大さを思います。
ニュースで見たときは、いいのかな、壊れたりしないのかな、と心配したのですが、ひょっとして、壊れるのなら壊れるようなことも受容しよう、それよりも、像の命をかけてでも世界に反核を訴え続けよう、という決意があったのではないでしょうか。

« 入場券 | トップページ | 轣轆 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被曝マリア:

« 入場券 | トップページ | 轣轆 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ