« 冷房 | トップページ | 目高 »

2010年9月 7日 (火)

かき氷

2010.9.6付 朝日俳壇より
脳天を貫通したるかき氷:(三木市)酒井霞甫
 稲畑汀子 評:かき氷を口に入れた途端に頭の芯までつんときた。次第に馴れるが、最初の一口の瞬間が描けた。

私もう、何年もかき氷というのを食べたことがありません。店でしゃかしゃか削ってくれるやつも、カップに入って、コンビニでアイスと一緒に売ってるやつも。
冷たいのがだめなんですね。
アイスコーヒーとか、アイスティーとかを自分で作って飲む、というのは毎日のことですが、かき氷はダメ。昔は食べたけどなぁ。

一口目でつんときた記憶はあんまりないんです。ごめんなさい。
むしろ、よろこんで、がつがつとかきこんで食べているうちに、頭がツーンと痛くなってきて、一口すくっては、息をつき、また一口すくっては息をつき、とダウンしていく、という記憶があります。

どのポイントで「脳天を貫通」するのか、いろいろあるんでしょうね。

« 冷房 | トップページ | 目高 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かき氷:

« 冷房 | トップページ | 目高 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ