« 気圧の谷 | トップページ | 稲妻 »

2010年9月14日 (火)

暑さ

2010.9.12付 朝日俳壇より
言ひたくも声にならざる暑さかな:(洲本市)高田菲路
 稲畑汀子 評:余りの暑さに、暑いと言いたくても声にならない極限状態の作者のなげき。

かかし思うに、余りの暑さにもうバカバカしくなった、という笑いも入っているような。

とは言へど狭庭に育ち初めし秋:(神戸市)玉手のり子

で、上の句とセットにして続けて声を出して読んでください。味わいが増します。

これほどの残暑に会ふて永らへて:(鳥取市)椋誠一朗

そしてこの句も続けて声に出して読んでください。どうぞ。
やぁ、なんとか生き永らえたぞ、やれやれ、とね。

こういうばかな遊びをご存知ですか?
You might or more head today’s as fish.
ゆう まいと  お も        へど    きょうの   あつ さかな
言うまいと思へど今日の暑さかな

9月も半分過ぎて、やっと人心地を取り戻しましたね。
もう、いくら暑くても35℃にはならないでしょう。
30℃くらいならたえられます。
室内は温室状態でも、意外と屋外は風もあってほっとする。
木陰も涼しい。

こうなってやっと「秋立ちぬ」って気分ですが。
もうすぐ秋分ですねぇ。
長い夏でした。

« 気圧の谷 | トップページ | 稲妻 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑さ:

« 気圧の谷 | トップページ | 稲妻 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ