« 竜舌蘭 | トップページ | 塩素の匂い »

2010年9月 7日 (火)

朝顔

2010.9.6付 朝日歌壇より
日に五十咲く朝顔に蝶や蜂飛蝗亀虫雨蛙も来る:(松坂市)こやまはつみ

余計なことを。「飛蝗」は「ばった」です。

いろいろ来ましたね。ただ、きのう書いたのですが、素直ではなくなった私です。
朝顔は咲く前に自家受粉してしまうんですね。虫媒は期待していない。
蝶には花粉の媒介の可能性はありますが、花が深いからなぁ。無理っぽいところもあります。
ハチは潜りこむかもしれません。
バッタは蜜を吸いに入るわけではない。
カメムシは、ひょっとすると、花に入り込むか、あるいは花の外から口を刺して蜜を吸うかもな。
雨蛙は授粉とは無関係。

作者には申し訳ないのですが、いろいろ来るんですが、みんな、花としての朝顔にやってくるのではないかもしれませんね。

« 竜舌蘭 | トップページ | 塩素の匂い »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝顔:

« 竜舌蘭 | トップページ | 塩素の匂い »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ