« セスジスズメ | トップページ | 棚経 »

2010年9月 7日 (火)

楢山

2010.9.6付 朝日歌壇より
背負われて楢山行きし「おりん」かな背負う人なき百歳いずこ:(高槻市)奥本健一
 高野公彦 評:かつては姥捨という哀しい悪習があったが、今では捨てにゆくのではなく、ただ放置する、という事実への嘆き。

直接的には、今年明らかになって現在問題になっている「長寿者の所在不明」問題でしょうね。
ただ、私自身、団塊の世代のど真ん中という世代から見ますと、私たちが年齢を重ねていった時、支え「背負って」くれる世代がものすごく少ない。
団塊を背負う世代なし、百歳など生きたくもなし。

ちょっと、観念的に拡大解釈してみました。

« セスジスズメ | トップページ | 棚経 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楢山:

« セスジスズメ | トップページ | 棚経 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ