« いい人 | トップページ | 胎児 »

2010年8月24日 (火)

生きてる

2010.8.23付 朝日歌壇より
死ぬために生きてるようなものなんだ声出してみる人の居ぬとき:(岡山市)小林道夫
 永田和宏 評:小林氏は癌の再発と闘う。

評にある通りなので、私ごときが何かを言えるような立場ではないのですけれど。

私はなぜ生きているのか?
生まれてきたからです。
生まれたからには、死ぬまでの間を精一杯生き抜くしかないでしょう。
そういうことです。
死ぬために生きている、それは真実です。
一人で裸で無名で生まれてきて、一人で裸で無名でこの世を去る。
何も恐れるようなものはありません。
死ぬときって「痛くないの」「辛くないの」。
いえいえ、人間の脳って、よくできたものでしてね。最後は、自分で自分をシャットダウンしますから、痛くもかゆくもないんですよ。
過去に亡くなった方々が、全員、痛かったり辛かったりしたら、今頃この世は怨念だらけ。
みなさん、静かに逝かれるのです。
これ、浅学の私ですが、保証しますので、皆さんご安心を。

« いい人 | トップページ | 胎児 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きてる:

« いい人 | トップページ | 胎児 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ