« 朝仕事 | トップページ | 大の字 »

2010年8月18日 (水)

遠泳

2010.8.16付 朝日俳壇より
遠泳の陸を手繰りてもどりけり:(青梅市)市川賢
 長谷川櫂 評:沖から泳いで戻るときのあの感覚。陸を手繰り寄せるとはそのとおりだろう。引き寄せられた陸がしだいに大きく近づいてくる。

「あの感覚」と書いておられますから、長谷川氏は遠泳の経験があるのでしょう。
集団で遠泳に挑戦していると、孤独にさいなまれて、不安に駆られてパニックになるということはおそらく少ないので、「陸を手繰り寄せる」という感覚が得られるのだと思います。

私は一人で沖に出ていって、浮かんでいて、気分よく波に揺られていて、さあ、もどろうかと思った時にパニックになったことがあります。高校時代かな。
沖に出ていく時は、意気揚々なんですよ。ところが、帰ろうとすると、浜って近づいてこないんです。横に広がった浜って、遠近感がつかめなくって、泳いでも泳いでも近づいてこないんですよ。とても「手繰り寄せ」られるものではない。おまけに、北の方の川から流れ込む水の流れがあって、流される。まっすぐ自分の出た場所へ向かっているつもりなのに、横へ横へずれていく。これ、こわいですよ~。
沖へ出ていく時の何倍も時間がかかったような気がして、浜辺に戻ったときにはぐったりでした。自分の心理があのように動くものだとは知らなかった。

遠泳のゴール地球を確と踏み:(大阪市)森田幸夫
 大串章 評:遠泳のゴールが近づき、歩いて岸にたどり着く。「地球を」と言ったところに実感がある。

いや、プールと違って脚の全く立たない場所を泳ぎ続けてきての「浜」は、確かに「地球」「大地」ですね。
水中と地面の絶対的な違いを脚で踏んで知るのですね。

中学生の初遠泳の話が新聞に載っていました。

(五線譜)遠い砂浜、少し成長していた夏(2010年8月17日 朝日新聞)
 千葉・館山の穏やかな海に白い水泳帽子が揺れている。都内から5泊6日でやってきた生徒たち。合宿の最終日は1年生の96人が3キロの遠泳に挑む。
 Mさん(12)は小学校時代、水泳が苦手だった。十分練習して遠泳班に合格したのに「本番は無理じゃないかな」。緊張しながら泳ぎ始めた。
 海ではクラスで行列になり、学校のテントがある砂浜を目指す。まもなく近くでタンカーが動き出した。波が大きくなる。「気をつけてください」。ボートからの先生の声に無我夢中で手足を動かす。平泳ぎのフォームは崩れがち。足の裏に何かが触れた。「魚かな」。確かめる余裕はない。
 海の真ん中でコーチが氷砂糖を口にぽんと放りこんでくれた。甘さが広がる。なめていて気づいた。「あれ、立ち泳ぎができてる」。海藻の間の小さな魚の群れが、今は目に入る。歌を口ずさんで自分を応援した。そばで泳ぐ3年生が「もうちょっとだよ」と励ましてくれる。
 泳ぎ始めて1時間半。砂に手が触れた。立ち上がると浅い「ゴールしたんだ」
 周りが大はしゃぎの中、Mさんは「まさか自分が完泳してるとは」とどこかひとごとのよう。無理だと思っていたことができた。自分の可能性がぐんと広がった瞬間。そのことに本人が気づくのは、もう少し後かもしれない。

途中、ちょっとパニックになったようですね。でも、パニックを経験することはわるくない。
人間が一回り大きくなります。心の容量が大きくなるんですね。

« 朝仕事 | トップページ | 大の字 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠泳:

« 朝仕事 | トップページ | 大の字 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ