« ハエ | トップページ | オオスカシバ »

2010年8月 5日 (木)

スズメガの仲間の幼虫

0722_13suzumega1 7月22日
線路の柵のてっぺんを青い「イモムシ」が歩き去っていきました。
赤い色は何かの標識のためのペンキですからご心配なく。
自信を持って「これはスズメガの仲間の幼虫だ」と言えます。
なぜ?
「立派なしっぽがあるから」
0722_13suzumega2
かわいいですねぇ、この尻尾。
哺乳類的な感覚でいうと、尻尾を高く振り上げた姿というのは「自信があって安定した気分」を示していますから、どうも、昆虫にもそれを読みこんでしまう。
堂々と、落ち着いて自信を持って進みゆく幼虫、という気がしてしまいます。
多分それは哺乳類の勝手な思い込みですが。
(だって、この尻尾、気分が落ち込んでも下げられないもん)

さて、この幼虫は何というスズメガなのか?
残念ながら、分かりません。
幼虫図鑑をひとしきり眺めてみたのですが、コレ、という写真にお目にかかりませんでした。

さようなら、元気でね。

« ハエ | トップページ | オオスカシバ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スズメガの仲間の幼虫:

« ハエ | トップページ | オオスカシバ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ