« 東雲 | トップページ | 炎天 »

2010年8月 4日 (水)

噴水

2010.8.2付 朝日俳壇より
噴水のふっと止みたる現かな:(横浜市)山本幸子
 大串章 評:噴水が止まった直後の静寂、なんだか夢のようだがまぎれもない現実。「現かな」に微妙な確かさが出ている。

噴水の流れ、音、などに引き込まれ、現実感を失って見入っていた。
水がふと止まって、一瞬にして現実が立ちもどってきて、思わず「ああ」と深く息をしてしまった、というような感じではないでしょうか。
「微妙」というよりは、かなり「激しい」意識の覚醒の瞬間かな、と思います。

« 東雲 | トップページ | 炎天 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 噴水:

« 東雲 | トップページ | 炎天 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ