« ヤマイモハムシ | トップページ | アサガオ »

2010年8月 5日 (木)

イチモンジセセリ

0723_9itimonjiseseri 7月24日
イチモンジセセリです。
どうも、茶色で地味で、と思われています。
そのせいで、ガと間違えられることもあります。
(今はチョウとガは区別しないんですけどね。きれいなチョウ、地味なガ、という差別はもうやめましょう)

ところで、複眼の後ろあたり、よく見てください。虹色が発色しています。
毛の色ではないと思いますね。いわゆる構造色でしょう。
毛の表面の凸凹などで反射した光が干渉して発色する、しゃぼん玉の色や、CDの録音面の発色などと同じ原理です。

0724_15itimonjiseseri
7月24日にも別の場所で見かけました。
胸部背面をよく見てください。
虹色が見えますね。
光の波長程度のスケールの構造が生みだす「色」です。
物体の表面の色とは違って、光の波が重なって色を強めたり弱めたりして生じるものですので、純粋な、色そのもの、とでもいうべきものです。
イチモンジセセリも、なかなかにおしゃれなチョウだと、認識していただけたでしょうか。

« ヤマイモハムシ | トップページ | アサガオ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチモンジセセリ:

« ヤマイモハムシ | トップページ | アサガオ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ