« 蟬の穴 | トップページ | ひやむぎ »

2010年8月11日 (水)

骨脆く

2010.8.8付 朝日俳壇より
骨脆くなりて生き抜く原爆忌:(長岡市)内山秀隆
 金子兜太 評:原爆ごときものに、骨をもろもろにされてたまるか。普通に自然に生きてゆきたいのだ。

金子氏の評に違和感。
骨が脆くなったのが、原爆のせいなのか、年齢のせいなのか、それはわかりません。
おそらく両方でしょう。
それだけ、被爆後を長く生きてきたのです。
それだけの年月を経て、核爆弾はなくならない。
骨が脆くなろうとなんだろうと、そんなことで、反核の意志を変えることなどはできないのだ。
この世から原水爆がなくなりますように。

« 蟬の穴 | トップページ | ひやむぎ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 骨脆く:

« 蟬の穴 | トップページ | ひやむぎ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ