« 数独 | トップページ | 写真 »

2010年8月 3日 (火)

居場所

2010.8.2付 朝日歌壇より
わが居場所ひとつ増えたり白き檻に飼い始めたる鳥の瞳(め)の中:(和泉市)長尾幹也
 永田和宏 評:もう一つの居場所が鳥の目の中にあるという。そこにはもっと心安らかな分身が見えるのか。

「心安らか」でしょうか。
作者は「檻」といっています、「籠」ではなく。
鳥を飼うとは、鳥を檻に閉じ込めること。
鳥の瞳に映る自分は、すなわち「檻に閉じ込められた分身」なのではないですか?
鳥だからといって必ず自由であるわけではありません。閉じこめられている。
そこに自分を投影していらっしゃるのだと私は感じました。

« 数独 | トップページ | 写真 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 居場所:

« 数独 | トップページ | 写真 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ