« 見舞 | トップページ | 蟬の穴 »

2010年8月10日 (火)

青田

2010.8.8付 朝日俳壇より
次々に風は姿となる青田:(静岡市)松村史基
 稲畑汀子 評:青田を渡る風の姿に、季節の推移を描く作者の感性。目に見えない風を青田にとらえて妙。

この句は視覚的なシーンが広がる句です。
ただ、ちょっと危険な題材であることも指摘しておきたいと思います。
風が吹いて、それによって青田の稲がなびく、それが「風を可視化する」というのは、かなりよくあるシーンであり、昔テレビのCMなどでも、使われたことがあったように思います。
新しい表現、なるほどそうかという発見などがない限り、初心者がこの題材を使うと、類想ありとかいわれかねません。

« 見舞 | トップページ | 蟬の穴 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。松村史基と申します。
時々、拙句を掲載・コメントしていただき、ありがとうございます。
可愛らしい虫たちや美しい花々と同列で掲載されて、とても光栄に思っております。
今日も朝から過酷な暑さですが、残暑に負けずにまいりましょう!今後ともよろしくお願いいたします。

何分、独り遊びに過ぎないものですから、作者からコメントを頂くことは全く念頭にありませんでした。恐縮です。大それたことを書いてしまったと冷や汗たらたらです。
虫がお嫌いでなかったら、どうぞお楽しみください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青田:

« 見舞 | トップページ | 蟬の穴 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ