« 建築学部 | トップページ | 「すずなり」 »

2010年8月 3日 (火)

富士の裾野

2010.8.2付 朝日歌壇より
あまのはら富士の裾野を走りゆく戦車つぎつぎ霧中に消えつ:(静岡市)篠原三郎

ずいぶん昔の話です。
御殿場の国立青年の家で、生徒会かなぁ、クラスの委員かなぁ、の研修合宿を引率しました。
隣接して自衛隊の演習場がありましてね、朝は戦車の音で目が覚める。
朝のラジオ体操の音楽に、自衛隊の演習の無線が混信してくる。
レクにオリエンテーションをやったら、間違っても演習場に紛れ込まないようにと警告されてしまった。
なんだかねぇ。気持ちのよいものではなかったです。
そこに、武力の「塊」が現実に存在する、という恐ろしさを感じました。
もう一つ、私の個人的な感想は。夜中に、殺虫剤のタンクを積んだトラックが敷地内をくまなく走り回って、朝起きてみると、至るところ昆虫たちの死骸で埋め尽くされていたことですね。

武力とは命を踏みつぶすものです。

« 建築学部 | トップページ | 「すずなり」 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士の裾野:

« 建築学部 | トップページ | 「すずなり」 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ